感動!ベスト・オブ・アメリカンジョーク

本能に訴えろ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

滝川英資の【感動!ベスト・オブ・アメリカンジョーク】 
第43話 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


滝川英資(たきがわえいすけ)です。

サンフランシスコには、あの脱出不可能と言われた連邦刑務所がありますが、
皆さんピンときますか?

続きは編集後記で


★ ★ ★


新しく登録してくださった皆さん、はじめまして。


既に講読してくださっている皆さん、いつも本当にありがとうございます!


それでは、本日のアメリカンジョークをどうぞ!


★ ★ ★


本日のベスト・オブ・アメリカンジョーク

Farmer Jim lived on a quiet rural highway.

But, as time went by, the traffic built up at an alarming rate.

The traffic was so heavy and so fast that his chickens were being
run over at a rate of three to six a day.

So he had the county workers put a sign that said:
SLOW: SCHOOL ZONE

But the 'school zone' sign didn't have no effect.

He had the county workers put up a new sign:
SLOW: CHILDREN AT PLAY

But this failed again.

He put up another sign by himself.

It was spray-painted on a sheet of wood:

NUDE BEACH: Go slow!Watch out for the chicks!


★ ★ ★


対訳

農場主のジムは静かな田舎の幹線道路沿いに住んでいた。

しかし、時がたつにつれて車の交通量が劇的に増加した。

交通量が増えたのと車の速度が速いせいで彼の鶏達は
一日に3〜6羽くらい車にひかれて命を落としていた。

そこでジムは郡の人夫に次のように書かれた標識を立てさせた。
「スピード落とせ:スクールゾーン」

しかし「スクールゾーン」の標識は全く効果がなかった。

彼は人夫に次のように書かれた新しい標識を立てさせた。
「スピード落とせ:子供が遊んでいる」

しかしこれも失敗に終わった。

彼は自分で別の標識を立てることにした。

それは木板にスプレーで次のように書かれたものだった。
「ヌードビーチ:速度を落とせ!若い娘に注意!」


★ ★ ★


編集後記


アルカトラズ刑務所はサンフランシスコ湾にあるアルカトラズ島にあります。

脱出不可能と言われた刑務所、別名「ザ・ロック」ですが、
過去に34名が脱獄を試みました。

ほとんどは捕獲、射殺、もしくは溺死しましたが
5名が行方不明ということになっています。

この5名、もしかしたら・・・

さて、アルカトラズ刑務所を舞台にした映画はほとんど有名どころですが、
まだ見ていない人は要チェックですよ。


・ルパン3世アルカトラズコネクション


・ザ・ロック


・アルカトラズからの脱出


ちなみにアルカトラズはスペイン語で「ペリカン」という意味なんです。
ペリカンが多く生息していたのでアルカトラズと名付けられたんですね。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


滝川英資のブログ
⇒ http://ameblo.jp/eisuke-takigawa/


感動!ベスト・オブ・アメリカンジョークのバックナンバーはコチラから
⇒ http://eisuketakigawa.seesaa.net/


登録・解除はコチラから
⇒ http://archive.mag2.com/0001001036/index.html


ご意見・ご感想はコチラから
⇒ http://my.formman.com/form/pc/OIYnTjq52lDnaMJ6/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。